子育てと仕事の両立

出産は女性にとって一世一代の大イベント、人生の節目にもあたる大きな経験です。

出産がどれ程大変なもので死と隣り合わせ並に危険なものかという話をよく耳にします。産む時の苦痛と来たら男性では絶対に耐えられないと聞きますが、一体どのようなものなのでしょうか。鼻からスイカを出す程の痛みだとか腰を巨大なハンマーで打たれるとかいろんな表現がありますが、これは実際に経験した女性でしかわからないことでしょう。子供を持つ女性が強いのはあの痛みを経験して乗り越えたからからなのかもしれませんね。
結婚や出産を機に仕事を辞める女性がいますが、もったいないことだと思います。寿退社と名打って晴れ晴れとしながら辞めて行くのが女の一番の幸せという人もいますが果たしてそうでしょうか。
男女の共働きが当たり前になりつつある今、企業では産休や育休制度を設ける動きが活発化しているので、結婚を機に辞めて行く人はどんどん少なくなっていくのではないでしょうか。社会が女性にとってますます働きやすい環境になって行くのは良い事ですね。それに対して男性は子供が出来たからと行って育児休暇を活用しない人が多いと聞きます。イクメンと言う言葉が流行る今日ですが、やはり実際に育休を取るお父さんは少ないと思います。仕事と育児、どちらも大変なことではありますが、視点を一生仕事だけに向けるのではなく、一生の短い期間だけでも子育てに専念する時があっても良いのではないでしょうか。